NEWS ニュース
NEWS
2018.02.06

自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

2018年02月06日 自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

 三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:吉田淳一、以下三菱地所)、丸の内熱供給株式会社(本社:東京都千代田区、社長:辻正太郎、以下丸の内熱供給)、ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田貴之、以下ブルーイノベーション)、株式会社Liberaware(本社:千葉県千葉市、社長:閔弘圭、以下Liberaware)は、街の重要なインフラの点検業務の効率化に向けて、東京都千代田区の複合ビル「丸の内オアゾ」周辺の地下に位置し、エリアのオフィスビルの空調用エネルギーを供給する熱プラント間を結ぶ熱供給用洞道にて、自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施しました。今後、「日常点検の効率化」、「ドローンと人の分担点検による点検の質向上」が期待されます。
 従来、ドローンは屋外で飛行させることを想定して開発されており、一般的にはGPSを使った位置制御技術が用いられています。一方、今回の実験は、GPS信号が届かない地下空間でドローンが自らの位置を認識し、さらに洞道という狭小な屋内空間にて自律飛行を行うため、技術的な難易度が非常に高い実験となります。
今回の実験を行うにあたり、Liberaware製の非GPS環境でかつ狭所空間において自律飛行可能とする特殊な「小型の産業用ドローン」を用いました。このドローンを活用した本実験を通じて、インフラ点検の効率化並びに質の向上を目指します。さらにドローンの技術革新と新たな利活用の可能性を示し、新産業創出に貢献致します。

 Liberawareは、新たなシーンでのドローン利活用を目指し、「小型の産業用」に特化したドローン開発を推進しております。このドローンは手のひらサイズの大きさにも関わらず、GPSの使用できない屋内で自律飛行が可能なものです。この度の実験では、上記の特徴を活かし従来困難とされていた課題に取り組みました。

 結果、20回行われた公開実験すべてにおいて安定した自律飛行に成功し、インフラ点検の「効率化」「安定化」「質の向上」について可能性を示すことが出来ました。