NEWS ニュース
MEDIA
2020.10.28

小型ドローン「IBIS」の定額レンタルに 画像処理し放題等の新たなサービスを追加

 屋内設備点検用の小型ドローンIBIS(アイビス)を開発する株式会社Liberaware(所在地:千葉県千葉市、代表取締役 CEO:閔弘圭)は、2020年10月より小型ドローン「IBIS」レンタルサービスのサービスを拡充し、IBISで撮影した動画を3D、パノラマ画像に変換する画像処理し放題サービスとエクステンションアンテナの追加レンタルを標準サービスに追加いたします。

【サービス拡充について】

 今回のサービス拡充で追加された画像処理し放題サービスは、点検によりIBISで撮影した動画データを簡単に画像処理することができるサービスです。本サービスにより、IBISで撮影した動画データは、動画管理クラウドサービス「LAPIS for Drones」上で申請を実施することで、3Dモデル、点群データ、オルソモザイク画像に画像処理を実施することができるようになりました。これにより、点検で取得した動画データを比較検討がしやすいデータ形式で閲覧できるようになります。

 また、今回サービスに追加されたエクステンションアンテナでは、操縦コントローラ・映像モニタのアンテナ長を10m延長することができます。ドローンパイロットは、暗くて、狭くて、危険な点検現場に直接入ることなく、エクステンションアンテナとドローンのみ点検箇所に投入することで安全に点検を実施することができるようになります。

【動画処理し放題サービスについて】

 IBISは、狭小空間に特化したドローンとして、人が入れない狭くて暗くて汚い場所において有効な点検手法としてご好評いただき、「IBIS導入プラン」としてIBIS機体セットレンタル、IBISで撮影した点検動画の管理クラウドサービス「LAPIS for Drones」、IBIS操縦講習会をセットにした定額レンタルサービスを提供しておりました。

 しかしながら、ドローンによる点検は、動画データのため、報告書への貼り付けや、比較検討がしづらく、点検データの有効活用、デジタルトランスフォーメーションへの寄与に課題がございました。

 この度、「IBIS導入プラン」に、画像処理し放題サービスを追加し、IBISで撮影した点検動画を3Dモデル、点群データ、オルソモザイク画像に変換するサービスを開始しました。これにより小型ドローンIBISで撮影した点検データは、動画加工用の高性能サーバや専用ソフトウェア、画像処理エンジニア不要で、クラウドサービス上からの申請で容易に画像処理を実施できます。

【エクステンションアンテナについて】

 この度リリースするIBIS専用エクステンションアンテナは、10mの延長ケーブルを有した、ドローン操縦コントローラ・映像モニタのアンテナ延長機器です。

 エクステンションアンテナによりドローンパイロットは、コントローラ・モニタとドローン間の電波送受信のために点検現場に直接入る必要がなくなり、施設内にエクステンションアンテナを設置し、離れたところから点検を実施することができるようになります。また、ドローンパイロットが入ることができない点検箇所においても、エクステンションアンテナとドローンを開口部から投入することで、点検箇所での電波送受信が可能となります。これにより、電波送受信の課題を解決し、より安全・効率的にドローンを用いた点検を実施することができるようになります。

【IBIS導入プランについて】

 小型ドローンレンタルサービス「IBIS導入プラン」は、今回発表した画像処理し放題サービス、エクステンションアンテナのレンタルの他、以下の内容を含む小型ドローンによる点検ソリューションのパッケージとして、ご好評いただいております。

IBIS 2機を含む小型ドローン点検レンタルセット

以下の内容を含む、ドローン点検セットレンタルです。

◇機体壊したい放題サービス

 レンタルセットに含まれるIBISは、点検事故による故障をレンタル期間中何回でも修理対応いたします。

◇動画管理クラウドサービス「LAPIS for Drones

 IBIS動画のアップロード管理・閲覧・編集が可能なクラウド動画管理サービス「LAPIS forDrones」の2000GB分のストレージが付属いたします。また今回のサービス拡充により、画像処理し放題サービス(前述)の機能が追加されます。

◇操縦講習会受講し放題サービス

 IBIS操縦講習会にレンタル会員の企業は、何回・何人でも参加いただくことが可能です。

「IBIS導入プラン」についての詳細は以下のページをご参照ください。
https://liberaware.co.jp/rental/