NEWS ニュース
NEWS
2021.06.08

セントラル警備保障、当社ドローンを活用した新規事業を発表

 セントラル警備保障株式会社(以下、CSP)が、6月8日に、当社と協業して小型ドローンを活用した設備点検・監視巡回サービスを開始されることを発表されました。
 CSPは長年にわたる防犯・警備・セキュリティ分野の実績により、多くの顧客の信頼とネットワークを構築されています。今般、その資産を活用し、小型ドローンを活用して新たに「設備点検請負サービス」と「新たな無人警備システム」の創出を図ります。CSP は従来より、ドローン機器やアンチドローン機器の販売に力を入れており、本事業の立ち上げとともに社内にドローン事業専門の組織を発足し、ドローン事業を拡張されます。
 CSPの新規事業において、当社は手動型設備点検用ドローンの提供と人材育成(ドローンオペレーター教育)の支援、屋内自動巡回警備ドローンの開発を行います。

 CSPと当社の強みを掛け合わせたシナジーにより、産業界の生産性・安全性の向上に貢献する活動を展開してまいります。

【セントラル警備保障株式会社のプレスリリース】
https://www.we-are-csp.co.jp/2021/06/08/fce5d42e78634f1cb4120b6b5f37fe5b446d0d5e.pdf