NEWS ニュース
お知らせ
2021.11.04

「ちばドローン実証ワンストップセンター」を活用し、千葉共同サイロと穀物サイロ内点検を実施しました

千葉市では、ドローンの実証実験を促進しあらゆる分野のドローン利活用の早期本格化を図るため、国家戦略特区推進課内に「ちばドローン実証ワンストップセンター」 を設置しています。
このたび、当センターにマッチングしていただいた千葉共同サイロ株式会社と連携し、当社の狭小空間専用小型ドローンを活用した穀物サイロ内点検の実証実験を実施いたしました。

大型の穀物サイロ内の点検は、従来は特殊な足場を架設しなければならず、点検業務に費用と時間がかかることが課題です。特に時間を短縮することができればその分サイロの稼働率が向上するため、売上にも大きく影響する経営課題です。
今般、人が全くサイロ内に進入することなく、小型ドローンにより点検を行うことができるかの検証を行いました。

実施の結果、小型ドローンにより内壁全周を撮影することを実証できた他、撮影した映像を3D化することにも成功しました。
3D化することにより、一覧性が高まる他、過去データとの比較をデジタル化できるようになることから、より精度の高い分析が可能になり、未来の予測の精度向上につなげていきたいと考えております。

今後も、行政をはじめとする公的機関のご協力を仰ぎながら、産業界のデジタルトランスフォーメーション・デジタルツインに少しでも貢献できるよう技術開発に努めて参ります。

実証の様子
複雑なサイロ副ビン内を3次元化
ドローンで撮影した映像

【ちばドローン実証ワンストップセンター】
ドローンの実証実験を促進することにより、ドローン利活用の早期本格化を図るため、実証実験を実施しようとする事業者に対し、必要な手続きに関する情報提供や相談、関係機関等との調整などをワンストップで支援する、国と千葉市が共同で設置したセンターです。
https://www.city.chiba.jp/sogoseisaku/miraitoshi/tokku/drone_onestop.html